足の脱毛

足の太い毛の脱毛方法

私の悩み、剛毛&毛深いこと。
特に夏になると露出が増える足、だからこそ気にして念入りに脱毛処理をするのですが…

 

手っ取り早く処理をするには、カミソリが一番です。
しかし、経験した方は分かるかと思いますが、処理後再び生えてくる毛が以前より増して太く、剛毛になります。
そうすると、少し生えただけでも汚く見え、生足なんて出せたものじゃありません。だからまたカミソリで剃っては、生えてくる太く立派な毛。それを繰り返すうちに毛穴も広がり、脱毛しても足にはポツポツと毛穴が目立つ様になりました。せっかく剃っても毛穴がくっきり見えては、やはり恥ずかしく、生足を出すことは避ける様になりました。

 

でも、やはり女である以上オシャレして、足も出したいですよね。

新宿の脱毛経験者

そこで次に考えたのが、毛抜きです。
かなり地道な行程ではありますが、ちょっとした時間に少し抜いて、また翌日に少し抜いてを繰り返すと楽です。すると、毛根から抜いてしまっているのもあって、次の毛が生えてくるまでに少し間があくことに気付きました。しかし、毛抜きでの脱毛処理もまたデメリットはあります。毛根が残ってしまったり、途中で毛が切れてしまったりすると、皮膚の下で毛が伸び、炎症を起こしやすくなります。よって、これも注意が必要です。

 

そして次に試したのが、熱線で毛を焼いて処理する『no! no! HAIR』です。これを試してみたところ、直ぐにキレイにはなりませんが、何度かこれで処理をしていくうちに、徐々に毛が細くなるのがわかりました。
しかし、やはり足を出す際にカミソリを使ってしまい、案の定剛毛な毛が再び生えてしまいました。

 

そして考案したのが、no!no!HAIRと毛抜きのダブル技です。大まかな毛を焼き、目立つ剛毛な毛を毛抜きで取り除いていきます。処理後の肌トラブルも考慮して、毛は毛根からしっかり抜く。抜いた後は消毒、薬を塗ると炎症を起こしにくくなります。
これを地道に続けた結果、毛の生える量が減り、足の毛が薄くなりました!

 

時間のかかる脱毛法ではありますが、エステにお金をかけたくない方にはオススメです。

 

露出が少ない冬時期から処理を始めることをオススメします。

 

 

脱毛新宿の口コミランキングヘ戻る